テニス ブログランキングへ

2014年08月11日

【負けにくく】

最近レッスンで色々なコーチに教えていただく中、
どのコーチも言うのが、反復と変化。

反復というのが繰り返し同じ様に打ち続けることで再現性と同意語。
深い球を打たれても走らされても浅い球であっても、
同じ球を打ち返す事が出来る手に入れた〜いスキル。
これが身に付いてくるとミスが減るのと更に
どの球も返せる↓
どの球も振り切って返せる↓
どの球も振り切ってスピンを効かせて返せる↓
どの球も振り切ってスピンを効かせて深く返せる。
という風に、幅は広がっていく。
そして更にありがたいのが、どこにどう打っても返されるという
心理に相手は追い込まれ…ミスしてクレール♪

そして口酸っぱーく言われるのが、変化。
速い球も強い球もずっと続けば普通の球、とコーチは口酸っぱーーく言う。
さっきの反復が出来るベースの中で、急に球を強めたり
急に弾道を高くしたりチェンジオブペースを行う。
これは自分で思ってるより大袈裟にやるべきらしい。
相手に一定のペースで打たせない事が大事とか。

尊敬するコーチ様のありがたーい言葉に心からの感謝と、
少しでも早く身につけて恩返ししたい。
ただ最近そういうシンプルなテニスに近付いてきている。
これは年齢なのか!?
派手なプレーが出来なくなった衰えか!?

1つ言えるのは、筋トレや有酸素運動の地道な積み重ねが
振り切り続けるスタミナの不安を払拭しているということ。
ある一定の方々に負け続けて変な自信も無くなったし、
今の自分に出来る事の中で勝ち方を見つけていきたい。

なかなか強くならないし怪物たちの尻尾はまだ見えないけど、
前より「負けにくく」は、なってると思う今日この頃。。。


【関連する記事】
posted by テニストワ at 20:55| 千葉 ☁| Comment(0) | レッスン | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。